ブラザーサポートブログ: 【完全版】ブラザー複合機のインターネット回線やパソコンを使ったファクス利用

プロフィール

<ゆずっち>

ブラザーサポートナビ24でナビゲーターの仕事をしています。

« コピー時に両面印刷が選択できない? | メイン

2018年7月 4日 (水)

【完全版】ブラザー複合機のインターネット回線やパソコンを使ったファクス利用

ゆずっち顔

こんにちは!ゆずっちです

ファクスの応用機能って?

 

ブラザー複合機には

・インターネットファクス
・ファクスクラウド転送
・ファクスEメール転送
・PCFAX

などのファクス送受信方法があります。
混乱しがちなそれぞれの違いをまとめました。
※各サービス対応モデルのみ利用可能です

 

イメージ画像

 

 

インターネットファクス

 

<使う回線>

インターネット回線

 

<どんな仕組み?>

インターネット回線でEメールの添付ファイルとしてファクスの送受信を行う。
複合機にメールアドレスを持たせ、複合機がメールを直接受信して印刷する。

 

イメージ画像2

 

<メリット>

・通常のファクス受信と同じ感覚で使えるが、電話回線を使わないので通信費がゼロになる。(インターネット利用費はかかる)
・外出先でもファクスの内容が確認できる。(ファクスtoEメール送信)

 

<必要な準備>

①複合機:インターネット接続
②インターネットファクス用のEメールアドレス取得(※PC等で使用中のものはNG)
③複合機本体への設定(下記FAQから製品選択後「使用するための設定」内容参照)
インターネットファクス(I-FAX)の使い方を教えてください。

 

<注意点>

・相手もインターネットファクス対応製品を使用している必要があります
・送受信できるのはモノクロ、A4(またはレター)サイズのみ

 

 

ファクスクラウド転送/ファクスEメール転送

 

<使う回線>

電話回線・インターネット回線

 

<どんな仕組み?>

電話回線で複合機に通常通り受信したファクスを インターネット回線でクラウドサービス/指定のEメールアドレスに転送する。

 

イメージ画像3

 

<メリット>

転送したクラウドサービスにアクセスすると、外出先でもファクスの内容が確認できる。

 

<必要な準備>

~ファクスクラウド転送~
①複合機:インターネット接続(無線LANもしくは有線LANで)、ファクスができる状態
②クラウドサービスのアカウント取得
③クラウド接続機能の設定
④複合機本体からクラウドサービスの設定

 

~ファクスEメール転送~

YouTube: 受信したファクスをEメールで確認するには(ファクスEメール転送)

 

 

PC-FAX送信

 

<使う回線>

電話回線

 

<どんな仕組み?>

パソコンで作成した書類を、電話回線でファクスとして送ることができる。 印刷画面で、印刷する複合機を「PC-FAX」に設定することでファクス送信可能。

 

イメージ画像4

 

<メリット>

・ファクスしたい書類を一度印刷する手間がないので、印刷コストが削減できる

 

<必要な準備>

①複合機:ファクスができる状態
②パソコン:ドライバーのインストール

 

<注意点>

・送受信ともにモノクロのみの対応

 

 

PCFAX受信(Windows®のみの機能)

 

<使う回線>

電話回線

 

<どんな仕組み?>

電話回線でメモリー受信したファクスデータを、パソコンに転送する機能

 

イメージ画像5

 

<メリット>

・パソコンでブラザーのPC-FAX受信ソフトを起動すれば、いつでもパソコンにデータを移すことができる
・受信したファクスを画像データとして管理できる。
・不要なファクスを印刷しなくてもよい。

 

<必要な準備>

①複合機:ファクスができる状態
②パソコン:ドライバーのインストール

 

<注意点>

・送受信ともにモノクロのみの対応
・受信できるPCは1台だけ

 

以上、【完全版】ブラザー複合機のインターネット回線やパソコンを使ったファクス利用でしたconfident

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/694659/34134057

【完全版】ブラザー複合機のインターネット回線やパソコンを使ったファクス利用を参照しているブログ: